攻略法

【男性向け】ペアーズで彼女を作るための恋愛工学の使い方

これからPairs(ペアーズ)で彼女を見つけようとしている男性に、私の経験としてお話したいことがあります。

本当にシンプルなのですが、これを実践していれば、かならず彼女ができます。

長かった独り身の生活ともおさらばです。

今日からさっそく実践してみてください。

恋愛工学から学ぶ、モテ度の高め方

皆さん、恋愛工学って聞いたことありますか?

藤沢数希さんが書いた「ぼくは愛を証明しようと思う。」の本に書かれている、一途に好きだった彼女から降られて、ナンパの師匠に会い、イケてない男性が師匠から教えてもらう恋愛工学というナンパのテクニックで、数々の女性をものにしていく話。

恋愛工学自体は、賛否両論があると思うのですが、私は、この本の中に書かれている以下の公式は真実を言っていると思うんですね。

モテ = ヒットレシオ × 試行回数

モテ度っていうのは、ヒットレシオ、すなわち男性の男としての魅力と、試行回数、簡単に言えば、女性にアタックしていった数で決まる、っていうことなんですね。

だから、もしあなたがヒットレシオ0.1くらいの非モテのモテない男性だったとしても、10人に当たれば、1人からは興味を持ってもらえる。

モテない男はとにかく、失敗を恐れずどんどん当たっていくことが大事ってことなんですね。

でも、女性から拒絶されるのはなかなか精神的にも堪えます。

だから、ヒットレシオ、男を磨くことも同時進行でやっていった方が良いんですね。

ペアーズで彼女を作るための恋愛工学の使い方

ヒットレシオを上げるための方法として、次の3つあげてみました。

  1. 外見を変える
  2. 場数を踏む
  3. 自信を持つ

①外見を変える

これは当然ですよね。

イケメンはヒットレシオめちゃくちゃ高いです。

別にあなたに、今からイケメンになれ!といっているわけではありませんし、必ずしもそうなる必要もありません。

しかし、少しでも非モテ臭が漂う、今の自分を改善して、ヒットレシオを上げていくことは非常に重要です。

それだけで、試行回数を減らしても成功(性交?)できるようになるんですから。

髪型を変える、着る服を変える、アクセサリーをつけてみる、筋トレする。

なんでもいいんです。まずは自分ができるところから少しずつ始めてみましょう。

②場数を踏む

非モテの私たちに最も足りないのが経験、場数です。

いくらヒットレシオの高いイケメンでも、毎回成功するわけではありません。

当然、彼らも失敗することはあります。

しかし彼らがすごいのは、これまでの成功体験があるから、ちょっとくらい失敗したとしても、めげずにすぐに次に当たっていくことなんですね。

だから私たちも、場数を踏んでいかなければいけません。

1回目や2回目でうまくいかなくてもいいんです。

ただ、やみくもに当たっていっても進歩がありませんから、まずは「ルーティーン」を決めてください。

自分がデートするときは、夜だったら○○で待ち合わせて、食事は○○で食べて、食後は○○で散歩しながら話す、など。

自分のデートプランを決めるわけです。

あなたにとっては1つのデートプランで内容が毎回同じだったとしても、相手にとってはあなたとの初めてのデート。

プランやコースを決めておいた方が、相手のことを知って、仲を深めていくことに集中できるので、レストランで注文をするのにあたふたする、とか、食後散歩するのに道がわからない、とかいうことがなくなります。

コースが毎回決まっていると、自信もついてきて、余裕をもって女性をリードすることができるようになります。

③自信を持つ

イケメンはとにかく自信家が多いです。

ただ、ぶっちゃけ、その自信は根拠のないものであるケースも多いです。

やったことないけど、俺が失敗するわけない!みたいな。

そして、この自信が、女性から見たら頼りがいのある男として映り、モテにつながるんですね。

だから、カラ元気でもいいんです。全く根拠がないモノでもいいんですが、とにかく自信をもって女性とコミュニケーションをとっていきましょう。

朝起きて、鏡に向かって、「俺はモテる!!!」と10回言って自分に暗示をかける、とか。

1回や2回失敗しても、世の中に女性は山ほどいます。

あ~、この人には縁がなかったんだ~。次行こう!

と、切り替えを早くして、トライしていくことが重要なんですね。

失敗を恐れることなく、自分に自信をもって、どんどん当たっていきましょう。

そうすれば、必ず彼女はできます。

継続さえできれば、あとは試行回数、時間の問題なんです。

自信を持ってください!

\登録3分!無料登録で運命の出会いを!/

※18歳未満の方や独身でない方はご登録いただけません

フェイスブックやLINEなどには一切投稿されませんので、あなたがペア―ズをやっていることはお友達には一切わかりません。