Uncategorized

【男性向け】必見!女性のホルモン変動の波を理解している男こそがモテる

男性がなかなか理解できない女性の感情の起伏。

実はこれには女性特有の悩みである「生理」による体調や精神的な状態に大きく影響しています。

女性経験がある男性にとっては、生理における女性の変化を経験している方も少なくないかと思いますが、もしあなたがこれまであまり女性経験がなく、Pairs(ペアーズ)を使って恋活・婚活をするのであれば、是非、しっかり理解し、受け止めてあげてください。

しっかり女性の生理を気遣って接してあげることが切る男性は、女性からの印象も間違いなく良くなります。

生理と女性ホルモンの変動

女性の生理の周期は個人差もありますが約28日。

内容 女性の症状
卵胞期 月経による出血の第1日~
卵巣にある卵胞の発達
約13~14日間
気分が安定
排卵 月経による出血から約14日目
卵子の放出
約16~32時間
※排卵日の1~2日前に性行為をすると妊娠しやすい
少し腹痛があることも
黄体期 排卵日から約14日間
卵胞が黄体に変化し退化
月経前症候群
イライラ、怒りっぽい、眠気、憂鬱、吐き気、乳房痛、腰痛、下部腹痛、おなかの張り
月経 子宮内膜がはげ落ちて血液とともに子宮口から排出
約3~7日間
月経困難症
頭痛、吐き気、腰痛、腹痛

この一連のサイクルの中で、卵胞はエストロゲン黄体はプロゲステロンというホルモンが分泌され、これら2種類のホルモンの分泌の増減が女性の体調に大きく影響を与えているんですね。

特に、月経前になると、イライラすることが多くなったり、乳房や腹部が張ってきたりします。

また、月経の期間中は、はげ落ちた子宮内膜を体外に排出させようと子宮が収縮するため「生理痛」となります。

また、この「生理痛」の症状も個人差が大きく、まったく痛みがない女性もいれば、痛くて全く動くこともできなくなるような女性もいます。

この期間は精神的にもかなり不安定になるため、男性としてもしっかりを気遣ってあげる必要があります。

生理中の女性に対して男性ができること

①ホルモンの変動によって起こる症状であることを理解し、受け止める

生理中に女性がいらいらしたり、気分が悪くなったりするのはホルモンの変動がさせることであって、女性の性格や個性とは関係ありません。

生理中に怒りっぽくなったから、「あぁ、もうこの女性とは合わない」とか、「また生理か。いい加減にしてもらいたい」とか、突き放したり逆ギレするのではなく、理解し受け止めてあげてください。

これは生理がさせることなんだ、と割り切って見守る心も必要かと思います。

②気遣ってあげる言葉や行動を示す

生理が近いこと、生理中であることを話してくれる女性もいますが、「言いたくない」「恥ずかしい」などの理由で、伝えたくないと思っている女性も少なくありません。

しっかり女性の状況を見て、生理前や生理中であれば、声をかけてあげるなど、気遣いを形にして示すことで女性も安心します。

「僕がやるから○○ちゃんは休んでいていいよ」

「大丈夫だから無理しないでね」

と、声をかけてあげることが大事です。

また、必要以上にかかわろうとせずに、そっとしてあげることが良い時もあります。

女性の症状や状況に合わせて接してあげてください。

女性の生理の時の対応は、男性も対応がわからず、時に感情的になってしまう人も多いのですが、生理の時の対応をうまくできる人は女性からも信頼され、頼られますから是非、頭に入れておいてください。

引用・参考:日経Gooday 女性は常に“ホルモン変動の波”にさらされている

\登録3分!無料登録で運命の出会いを!/

※18歳未満の方や独身でない方はご登録いただけません

フェイスブックやLINEなどには一切投稿されませんので、あなたがペア―ズをやっていることはお友達には一切わかりません。