体験談

【女性の体験談】アラフォーで出会いがなかった私がペアーズで恋活してみた体験談

気が付けば40手前。

これまでは同年代独身の友達と楽しく温泉入ったり、海外旅行に行ったりしてたけど、周りがどんどん結婚して子供も産んでいる姿を見て、今まで独身貴族を謳歌してた私も、結婚にあこがれてくる。

正直遅すぎるんですけどね。

働いている会社は都内の外資系。

秘書的な作業がメインだけど、決して給料は悪くない。

でも、出会いらしい出会いが全然なくて。

40近くなってくると、男性も敬遠しちゃうのかな、ってくらいお声がかからない。

そんなことを同じ、アラフォー独身女性のお友達と話していて紹介されたのが、「Pairs(ペアーズ)」だったんですね。

アラフォー女子が、婚活のため半信半疑でペアーズに登録

普段の生活では、とても良い男性に会えそうになかったから、正直あまりあてにしてなかったけど、友達に言われるままにペアーズに登録。

なんか、最初からいろいろ自分の情報を載せるのが嫌で、名前もイニシャルだけ、プロフもほとんど書かなかった。

でも、写真だけは自分のものを載せとかないと誰からも「いいね」されないかな、と思い、30くらいの時の写真をいくつか載せておいた。

登録してしばらくすると男性からの「いいね」がきた。

相手のプロフを確認して、ちょっとメッセージのやり取りをしてみる。

すごくいい感じ!とまでは思わなくても、ちゃんと会話できる人、礼儀正しそうな人だったら会ってみようかな、と思い、これまで5人の男性に会いました。

これでもちゃんと、婚活を目的にペアーズをやっていたので、必ず男性には、

「独身ですか?」

と、聞きました。

ペアーズは基本、既婚男性は入れないとは言っているけど、正直既婚者でも登録はできちゃう。

さすがに、40手前の貴重な時間を既婚者と過ごして無駄にしたくはなかったので、必ず相手が既婚者ではないか聞いた上で会うことにしていました。

アラフォー女子がペアーズで知り合った男性に会う

私はあまり人見知りとかする方ではないけど、初めて会う時はちょっと緊張しますね。

仕事終わりに駅の改札口で待ち合わせて、お食事に行く。

相手は、46歳の会社員。

正直、なじめなかった。

なんか上から目線な話し方で、対等にお話をしているというか、会社の部下にでも話すような感じで。

そんな食事では当然、おいしくも楽しくもない。

2人目に合った人は、悪くはないと思ったんだけど、入り色話してみると、ただのヤリ目だった。

エッチは嫌いじゃないけど、ただのヤリ目と過ごしていられるほど、私も暇人じゃない。

そんな感じでぱっとしないデート?が続いていた。

運命の男性からの「いいね」

やっぱり、マッチングサイトでの出会いを期待した私がバカだったかな~

と思っていた頃、ある男性からの「いいね」に目が止まる。

プロフを見たらすごくタイプな感じな男性だった。

なんか勝手に心拍数が上がっちゃってる自分がいた。

こちらからも「いいね」を返してマッチング。でも、すぐには相手からのメッセージは来なかった。

翌日、朝にメッセージが届く。

すごくうれしかった。

その男性もアラフォーで、都内のIT関係の会社で働く人だった。

こちらから何回もメッセージを送るのも恥ずかしかったので、朝、胸を高鳴らせて考えたメッセージを彼に送る。

彼からも、「今日もお仕事頑張ろうね~」というようなお返事が返ってくる。

いつの間にか、朝のこのメッセージのやり取りが私の大きな楽しみになっていた。

そうやってメッセ時のやり取りをして3週間くらいしたとき、思わず私から「今度一緒に食事でもしましょ」とメッセージを送ってた。

今考えると、久しぶりに恋をしていたんだと思う。

メッセージを送るときは、心臓バクバクですごく緊張したし。

でも、彼もOKしてくれて、3日後に会うことになった。

運命の男性とのいよいよの対面

そしていよいよ、お食事の日。

いつもより気合を入れて化粧をしてお仕事に。

っていっても、その日の仕事は正直、何やったか覚えていないほど落ち着かなかった。

そして夜、

待ち合わせの場所に5分前につくと、彼はもう待っていた。

思っていた通りの感じで、背が高くてスーツ姿が似合う。

お食事の場所は彼が決めていてくれて、歩いてレストランに向かった。

初めて会ったけど、メッセージのやり取りをしてたから、初めて会う感じでもない。

でも、やっと会えた~、という思いもあって。

食事をして、終わってからも、ゆっくり散歩しながらお話しした。

落ち着いていて、私のことも気を配ってくれるし、かといって堅苦しい感じでもなく。

一緒にいて気持ちい感じだった。

ペアーズで出会った彼と別れ際のチュー

もう離れたくない、と思っちゃうくらいだったけど、そろそろ終電を意識する時間。

思わず、彼の腕をとって歩いていた。

別れ際、ハグしようと思ったら、彼の唇は私の頬に。

えっ、、、

と思った瞬間、今度は彼とチューしてた。

その彼とは今でも一緒です。

\登録3分!無料登録で運命の出会いを!/

※18歳未満の方や独身でない方はご登録いただけません

フェイスブックやLINEなどには一切投稿されませんので、あなたがペア―ズをやっていることはお友達には一切わかりません。